オパを使って仕事をする方法は主に4つあります

オパセラピストとして活動する

オパのTherapistコースまで修了すると、

  • オパ整体/1時間

を行うことができるようになります。

また、オパセラピストになると受講できる、規定の講座を受講しますと、以下の整体ができるようになります。

  • アロマオパ整体/1時間

オパアセスメンターとして活動する

オパセラピストになると、アセスメンターを育成する講座への受講資格ができます。規定の講座を受講しますと、アセスメンターとして以下の施術ができるようになります。

  • アセスメント・オパ施術/1時間

オパプラクティショナーとして活動する

オパセラピストになると、オパの各種講師を育成する講座への受講資格ができます。規定の講座を受講しますと、プラクティショナーとして以下の講座を行なえるようになります。

オパJOYカードケア者・オパJOYカード講師として活動する

オパセラピストになると、オパJOYカードケア者を育成する講座への受講資格ができます。規定の講座を受講しますと、オパJOYカードケア者として以下ができるようになります。

  • オパJOYカードケア

オパJOYカードケア者になると、オパJOYカード講師を育成する講座への受講資格ができます。規定の講座を受講しますと、オパJOYカード講師として以下ができるようになります。

イベント講師として活動する

オパセラピストになると、イベント講師を育成する講座への受講資格ができます。規定の講座を受講しますと、イベント講師として以下ができるようになります。

  • イベント講師セミナー